ヤフーのポータル、月間利用時間でも他を圧倒~ネットレイティングス調べ
ライフドアとヤフーの比較が良く出ているけど、比較すること自体が間違っているような気がします。日本のインターネットがまだ始まったばかりの頃から着実にインターネット、広告を軸に着実に実績を上げてきている企業と、そうではなくマネーゲームよろしく買収を軸に来た企業とでは一見同じように見えるけど、顧客からの満足度や信頼度、そしてユーザからの信頼が違います。
まぁここにBlog書いてて悪口いうのもなんだけど、実際がそうなんだからしょうがないです。インターネット事業でライブドアは、常にYahooのマネをしています。常に二番手であり、この先もインターネット事業でYahooを越すことはない、ないと断言は出来ないけど、企業体質が変わらない限り無理でしょう。
オンザエッジの頃が一番良かったみたい。技術力もそれなりに高く、特にデータホテルでは顧客の信頼も厚かった・・。それが今はなんか、ハンバーガー屋さんがおにぎりやサンドイッチ、おでんを売っているような感じ。でも看板はハンバーガー屋さんです。
いろいろと話を聞きます。結構、技術力が高くてそれなりの年収の人が面接に行ったところ、おめえさんがくるところじゃない、そんな年収の高いやつはいらねぇーんだよ、みたいな感じで書類を投げられたとか・・。
人足が必要なんです。多分。Yahooもそうだけど特にライブドアはごく一部の人以外は普通の人たちが働いているです。Yahooさんの従業員に1000億円売上すごいっすね、と言っても、個人に還元されるわけじゃないですから・・と言われるし・・。ま、そりゃそうですね。Yahooの中は全部すごい人がいるとおもちゃ生んだけど、現実はやっぱり普通の人が働いています。
ただ、有名企業に在籍しているというモチベーションだけでしょうね。
私もYahooさん面接行ってうかったんだけど、年収が低かったのでやめました。
立ち上げに近い時期にいると、多少おこぼれがありそうだけど、今いっても、
歯車の一つとして処理されるだけ・・。
ま、それでもいい人はいいんだけど、私はイヤっす・・。