今回時計を購入したのですが、購入先はスイスです。
諸般の事情により、スイス -> アメリカ -> 日本 という感じで
旅をしてもらったのですが、結局、購入価格以外にお金がかかりました。
日本で購入していないのに、日本で使うから消費税払いなさいということでいろいろと縛りがあります。
1.10万円以下は簡易課税
2.10万円以上は一般課税
となります。
1.について、
下記2.でいうところの、国内消費税と地方消費税は取られません。
これ、けっこう馬鹿にならない額ですね。
簡易課税について
ということなので、ここに書いてある内容の税金しかかかりません。ほとんど無税ですね。
なので、個人輸入するときはなるべく10万円以下に抑えましょう。
2.について、10万円以上は4%の消費税が取られます。5%じゃないんですね。15万円だったのでこれの4%、6,000円取られます。で、何故かこの6,000円に対して、更に税金を取っています。25%取られます。
ということで、1,500円です。合計7,500円取られることになります。
あれ?なんで、6,000円は税金なのに、更にそれに税金を取るんだ??
これって、重複課税じゃねーのか?
今まで知らなかったけど、こんな詐欺まがいのことしてるんですね。
道路関係の税金も二重に課税しているって聞くけど、ここでもしているとは・・。
輸入食品販売における関税、消費税について
上記に記述があります。
税金、税金、ばっかり取っている上に、サラリーマンに対する増税・・・いい加減にしてくれ・・。道路公団やいろんなお役人をリストラすれば、こんな増税しなくてもいいはずだ・・。
ある意味、お役所ほど、実力主義にすべきですな。それなら、高い給料もらってても文句いいません。ワードで報告書作れないとか、市民からの要望をほっとくような人間が高い給料もらってるから、気になっちゃうんですよね。。