こどもびいる
キャッチフレーズは大事だと感じました。
なにこれ?と、期待をもたせる書き方一つで売れたり売れなかったりするんですね。