ゲームに夢中の69歳、孫のブログから一躍ヒロインに
ゲームに夢中になるのは、若者、という常識を覆す記事です。
1日10時間以上ゲームするそうで・・。
10時間はちょっとやりすぎかと思いますが、ボケ防止には脳に刺激になっていいかもしれません。ある老人ホームではボケ防止にパチンコ屋でお払い箱になったスロットを置いているとか。
ゲームは若者のもの、という常識を覆すところから何か儲けの臭いがしますね。
人が考えないつかないところに手をつけるという意味では、非常識なこともたまには考えたりやってみたりすると、現状打破、に繋がるかもしれない、そう思う今日この頃です。
ただゲームはなー・・ひまを持て余すようになったら、やります。何しろ、私は幼稚園の時からゲームセンターに通ってましたから・・。インベーダーとか4歳ぐらいからやってました・・。
それで今に至る・・・。当時はゲームセンターに行っていると不良と呼ばれる時代だったが・・。