文楽ホームページ
自分が生まれ育った場所、上尾で作っているお酒です。
しかも駅前の一等地に位置している・・。
今まではあんまり気にしてみなかったけど、やっぱり自分の住んでいるところのお酒だし、飲んでみようと興味本位で買ってみたら・・結構いける・・。意外だ・・。
そう思ってから、友人へ文楽を贈ったり自分でも楽しんでいる。
この文楽を飲んで思う事は、上尾にもっと人を呼びたい、もっと地元密着で何かがしたいということです。
今、知り合いの知り合いが、茨城は古河でなんとか人を呼ぼうとホームページを立ち上げました。いばちょくというのですが、まだ立ち上げたばっかりでまだまだです。
意図としては、体験農業みたいなもの、つまりは自分で畑を持って毎週末来てもらって作物を育て最終的には自分で収穫、それを地元の人と一緒に芋煮会みたいのをしたり・・酒蔵見学をしてもらったり・・
つまり海や山などがあれば、温泉があったり海岸があったりで人が来るけど、盆地などではこれといった特産物もなく、郊外から人が来てもらってお金を落としてもらって、地域が活性化していくという図式が成り立ちづらいです。
なので、何とか特産品、特産物、名物など他にはないもので人を呼んで地域を活性化したいと思っているところで、この文楽はどうかなと思いました。
先のいばちょくは、一人でなんとかしようとしているのではなく、かなり話せる市会議員の方にご協力いただき、地元商工会にも話を持ちかけ、展開するとのこと。
何かこういうコラボレーションで、地元を盛り上げたい・・
そんな思いを、文楽を飲みながら思っているのですが・・。