下記のサイトが役に立つと思います。
@IT:DHCPサーバを立てるには
DHCPサーバー構築(dhcp) – Fedoraで自宅サーバー構築
意外なほど簡単にインストールと設定が済みました。
普通はルータに搭載されているので、インストールする必要がありません。なんでインストールする必要があるかというと・・・
RT-200NEというNTTのルータが馬鹿だからです。
設定画面で、DNSのIPアドレスを設定してもそれがDHCPでIP振り出し時に渡されないからです。管理画面で設定しているのに、それが反映されない、払いだされないのです。。。
通常に使用している場合は問題ないのですが、独自に内部にDNSを立ててそれを使わせる場合にはこれが必要なのですが、RT-200NEが馬鹿なので反映されない。。
RT-200NE DNS
RT-200NEのDHCPサーバをOFFにして、Linuxにインストールするだけです。
DHCPサーバがどこにあるかを設定する必要がありそうですがその必要はありません。Windowsマシンが起動時にDHCPサーバを勝手に探しに行きます。
なので、インストールしてDHCPサーバを立ち上げておけばよいのです。
ただしちゃんと設定しないと、インターネットに接続することはおろかLANにも接続できなくなっちゃいます。
ポイントは、デフォルトゲートウェイですね。。