9/29に、ギタリストの大萩康司さんにお会いしました。
リハーサル中に取材をさせていただきました。宮崎県出身のギタリストです。
実はそんなに詳しくないのですが、アルゼンチンの音楽というかそちら方面の音楽をやられているとのこと。
あとは19世紀ギターというのを弾いてもらいましたが、なんとなく昔をイメージさせるその音色に感動しました。
ご本人も、かなりしっかりとした主張を持っていらっしゃり、(失礼ながら)とても感心いたしました。同年代の男性がこんなにはっきりと主張できないのではないか。。。
また、お声をとてもきれいだなーとも思いました。恐らく、歌をお歌いになっても結構いけるのではないかと思いました。
もう少ししたら、こちらにそのときの映像を載せる予定です。