私が子供のときに見ていた、銀色の戦士 宇宙刑事ギャバンを子供と見てきました。
やはりいいです。来て良かったと思います。周りを見ると40過ぎと見られる男性が一人で見に来ている方も結構な数いました。やはり、あの時代ワクワクしながらみたあのギャバンをもう一度といったところでしょうか。
仮面ライダーとも戦隊ものとは全く違うカテゴリーながら独自の世界観で物語が進んでいくあたり、涙ものです。私のような40ぐらいの方、20・30代の男性も結構いました。
子供もかなり面白かったと言っていますし、実は復刻で起こして再度放映すればかなりいい線行くのではないかと思ってしまうほどです。
一条寺烈の目力健在!です。トレードマークとも言える革ジャンに白いGパン、ブーツ。。。涙が出ました。あとは、串田アキラの主題歌が当時そのままで映画中でバンバンかかっています。この音楽聞いただけでも涙が出ちゃいます、はい。
わかさ、わかさってなんだ~。。。振り向かないことさ。。た、たまらん。。今、結婚して子供もいて、会社ではストレスの連続。そんな中で、子供にせがまれたというダシの元、見に行って本当に良かったです。
時にはあまり何も考えずに前に進む事だ大事、一歩前に踏み出す勇気をもらったような気がします。このままだと、DVDボックスに手を出してしまいそうです。過去ばっかり思い出して切なくなっていても仕方ないのですが、たまには過去を振り返って今すべきことを考え直す、そんな時間も大事だと気づかされました。
ビジュアルもかっこ良くなってました。シャリバンシャイダーも友情出演してました。
いやはや、いい歳ぶっこいて何を言っているのかと思いますが、やっぱり常に原点回帰すること・できることが大事だと思いました。
やっぱり転職しよう!
宇宙刑事ギャバン THE MOVIE 公式サイト