Medium 59083034

ちょっと恥ずかしい話ですが、嫁さんのお父さんとよくキャバクラに行きます。

そういうシチュエーションは絶対にあり得ないと思います。でも、お父さんのキャラがそれを可能にしています。

で、1時、2時まで飲んでその後ラーメン食べて帰ります。次の日にダメージはなく、ケロッとしています。で、お父さんの年齢を聞いてびっくり・・・70歳。。。

私の70歳のイメージは病気を患って杖をついて外出もままならない。。ましては夜などは20:00ぐらいに就寝し朝早く起きる、という感じです。全く私のイメージからかけ離れており、最初はかなりカルチャーショックを受けました。

78629231

アクティブシニアという言葉が調べてみたらありました。このアクティブシニアを身を以て体験致しました。下手するとその辺の若者より動き回っているかもしれません。しかも意外と金を持っている。。子育てが一段落して時間とお金に余裕ができてくる。。そして、趣味や好きなことにお金を使いたい。そこを狙い撃ちするマーケティングをすれば儲けられるんじゃないでしょうか。

SNIOR-NAVIというSNS?みたいなサイトがあります。14年も続いているそうです。シニア層の欲するところ、つまりお友達を作りたい、同じ趣味の人と話したい、という勘所をとらえたサイトです。年齢を重ねるとどんどん出不精になったりします。性格が内向的な人がそのまま歳を取ると、更に内向的になったりします。

でも、いつでも人とつながっていたい。話し合っていたいという気持ちは強いのです。こういうサイトがもっと楽に参加ができるデバイスがあるといいですね。コミュニケーションにビデオと声を使ったSNSとか。。デバイスやアプリがシニア層に使いやすくなっていないといけないですけど。

iPhoneやAndroidのスマートフォンは若者には使いこなせてもお年寄りには無理だろうと思いますよね。。。全然ウソです。青森のねぶた祭に行った時にその光景を見て唖然としたことがあります。地元のヒーロー吉幾三が大きい車に乗ってきたときのことです。ねぶたを待っていたおばちゃん達は吉幾三も待っていたのでした。

ねぶたのテーマソングみたいのを歌いながら近づいてきます。近づいてきたら、皆さんiPhoneをサッと取り出しカメラの準備です。当然、デジカメをバッと出すんだとばかり思っていた私は、その光景に目を奪われました。「おーーー! 年寄りって馬鹿にしちゃいかんなー。若者よりもお金がある分、自分が好きなものには惜しみなくお金を使うのと、向上心も忘れてないなーと。

iPhone, Androidは私の身近にいるお年寄りにはハードルが高く、使っている人は誰もいません。先のお年寄りももしかしたら、カメラとメールと電話しか使わないのかもしれませんが、でもiPhoneを所有するだけでも、毎月の料金がガラケーよりもかかる訳であり、その意識は明らかに高いでしょう

シニア向けサイト、シニアの趣味を特定したサイト、などを作っていけば持続的に儲けられそうです。。